最近偶然見つけたんだけど
森田 敏宏さんの「ミリオン・ボキャメモリー」。

14 の語根と 20 の接頭辞、合計 34 のパーツを関連づけて覚えることで、14000 語の英単語に対応できるというのです
語源を学ぶことで多くの英単語に対応できる能力を身につけていきますが、さらにイメージと英単語を関連させる事で効率的な記憶の定着を図ります

長期記憶を作るポイントは、思い出やイメージと結びつける事です。

一つ一つの語源を、イメージとつなぎ合わせて覚えていく事。

これが『天才脳理論』の英単語記憶

脳に印象を残しやすいイメージと語源を関連づける記憶方法って言っているよね。

本当にそんな結果が出るのかな?
ちょっと嘘っぽくないですか?

実際どうなの?体験談・感想を確認してみる



効果は本当って口コミもあるみたい。

「ミリオン・ボキャメモリー」 法は、

英単語の語源や接頭辞などをイメージとともに記憶する方法です。

そのため、短時間で効率的に 2000 語、3000 語、

さらには 10000 語以上の単語の理解につながる方法を学ぶことができます。

ただ大量に暗記するだけではなく、

語源や接頭辞の理解はこれからの英語学習の幅を広げてくれます。


初めて見る単語や、日々登場する新語、

さらには造語にいたるまで、

その意味をつかみとる能力を磨くための方法だって

もうちょっと調べてみたほうがいいかもね。