西村 喜久さんの「メソッド英会話」だけど
ネット上ですごく話題になってるみたい。

今まで間違った勉強法を改善し、

1、音声意味を一緒に脳内に記憶する。

2、意味から記憶した音声を思い出し口にだす。

3、口にした音声をつなげて意味ある会話文にする。

この3つの手順を繰り返すことで、

短期間で自分が話したい英語を

話せるようになるための学習方法って言っているし
気になる…

でも、正直、ちょっと胡散臭い?事実なの?

作者の実績・体験談

2020年に開催される東京オリンピックで、

世界各国から多くの人々が東京に来られます。

当然「英会話」ができるスタッフは大きな需要があり、

2018年夏ごろからボランティアの募集を開始するそうで

「メソッド英会話」で習得した英会話を、

東京オリンピックでも役立られるって

これまでのものとは一味違う!?
試してみたいなぁ。